「TPP」と「法律」の関係性ってなによ?

今回は、TPPに反対する人の意見について紹介しましょう。
日本の法律がTPPで日本人を守れなくなってしまうと言います。
このように危惧されているのです。
(汗)その例で、「健康保険」を挙げます。
健康保険は、現在の日本では「国民皆保険制度」に基づき、「社会保険」と「国民健康保険」が存在していますよね。
これをアメリカがから見れば、障壁があると見なされますね。
そう言えるかもしれませんね。
アメリカの保険会社が日本に入ってこられないからです。
その様な日本独自の制度があります。
それで、そんな制度は撤廃せよとなりますよね。
もちろん、このような事になれば日本人はみんな困ります。
(汗)この様な流れは多くの人が心配していることでもあります。
(汗)「国際投資紛争解決裁判所」と言う組織があります。
ここが国同士の争いを調停しているところでもあります。
もし、アメリカの主張が通れば、日本は強制的に制度を変えなければならなくなります。
(汗)。
その様な事態になっても良いのですか!?この様な主張によって、反対派の人はデモも辞さない構えないのです。
この様に隠れた問題についてはあまり出てこないと言うことです。
あなたもTPPについて自分なりに調べてみると良いですね。
(笑顔)
保険入るなら貯金したほうがいい?自家保険!【生命保険必要ないの?】