消費者金融の規制緩和について

消費者金融の規制緩和が話題になっていますが、衆議院の解散もあり、その行方は不透明です。
しかし、大手銀行がバックアップしているといわれており、いずれ成立は確実と見ていいでしょう。
これに乗じて何がおきるかを考えてみると、借入限度額が大きくなったために、返済不能に陥った際の債務額が大きくなります。
金額が小さければ、おまとめローンなどを使って自分で対処することもできるのですが、下手に限度額が拡大されたために、借金地獄に陥った際の債務総額まで拡大されてしまいます。
つまり、おまとめローンでは対処できないケースが増えてくるのです。
結果として、自己破産などの法的整理が増加します。
誰が意図したわけではないでしょうが、弁護士の仕事は確実に増加するでしょう。